テアトルアカデミーのオーディションの内容は?

テアトルアカデミーオーディションの内容は?どんな質問されるの?

 

テアトルアカデミーは、鈴木福くんや小林星蘭ちゃんなどが所属している大手プロダクションです。

 

テアトルアカデミーの有名タレント

 

  • Eテレ子ども番組やおむつCMなど活躍する赤ちゃんモデル
  • 人気ドラマ、映画などに出演している子役

 

など非常に多くのタレントを抱えています。

 

中には、おむつのCMで嵐の松本潤さんと共演したり、

 

映画で菅田将暉さんや坂口健太郎さんと共演したりするお子さんもいます。

 

お子さんの撮影には、必ず保護者の方も付き添いますから、もしお子さんがテアトルアカデミーに入れば、あなたもタレントさんと会える機会があるかもしれません。

 

どうすれば、テアトルアカデミーのオーディションを受けることができるのでしょうか?

 

 

この記事を最後までお読みいただくことで、

 

  • テアトルアカデミーの実際のオーディションの流れ
  • オーディション内容やされる質問
  • 合格するための服装や親の審査ポイント

 

についてしっかりとお分かりいただけますよ。

 

 

テアトルアカデミーの一次審査は?

 

テアトルアカデミーの一次審査は、写真応募です。

 

ウェブや郵送で申し込むことができます。

 

一次審査について詳しく知りたい方はこちらをご覧ください。

 

テアトルアカデミーの一次審査の内容と結果発表の流れは?

 

 

テアトルアカデミーの二次審査 オーディションを受けるには?

 

書類の一次審査に通過すると、自宅に合格通知と二次審査であるオーディションの案内が届きます。

 

テアトルアカデミーのオーディションの合格通知書

 

一次審査の合格率は25%ほどであると、テアトルアカデミー側は明言しています。

 

オーディション(二次審査)は、日程の候補がいくつかありますので、都合のいい日にちを選んで行くようにしてください。

 

 

テアトルアカデミーのオーディション会場は?

 

オーディション(二次審査)会場は全国で7か所あります。

 

  • 札幌
  • 仙台
  • 東京
  • 名古屋
  • 大阪
  • 岡山
  • 福岡

 

通知に会場への案内も記載がありますので、届いた書類をご確認ください。

 

>テアトルアカデミー全国のオーディション場所一覧

 

 

テアトルアカデミーの二次審査 オーディションの際の持ち物は?

 

テアトルアカデミー側から持ち物として指示があるのは、二次審査のオーディション通知と一緒に同封されているエントリーシートです。

 

事前に記入して忘れないようにしましょう!

 

  • おむつ
  • 飲み物(お茶やミルク)
  • おやつや食事
  • 着替え
  • お気に入りの小さいおもちゃ

 

などがあると安心かと思います。

 

ちなみに、ミルクではなく授乳したいという方は、会場に授乳できる場所が用意されているのでそちらをご利用ください。

 

その他は、普段お出かけしているときに持ち歩いているものがあれば、必要に応じてご持参くださいね。

 

 

【赤ちゃん版】テアトルアカデミーオーディションの流れは?

 

赤ちゃんや小さい幼児のテアトルアカデミーのオーディションは、

 

  1. 受付
  2. カメラテスト
  3. グループ面接

 

の流れで行われ、所要時間はおよそ1時間程度となります。

 

 

@受付

 

来場順に番号札が配られます。

 

受付の際に、持参したエントリーシートも提出してください。

 

カメラテストまでの時間を待合室で待ちます。

 

授乳室やおむつを替えるスペースもありますのでご安心くださいね。

 

 

Aカメラテスト

 

カメラテストの際は、お子さんと付き添い1人の2人で受ける形になります。

 

このとき同行する保護者は、今後通うことになったら付き添う可能性が高い人をという案内があるようです。

 

ほとんどのご家庭は、お母さんとお子さんというパターンが多いようですが、もちろんお父さんでも大丈夫です。

 

 

カメラテストといっても、スタジオのようなところで撮影する形式ではありません。

 

テアトルアカデミーのオーディションカメラテストの様子

 

撮影をするスタッフさんと、メモを取るスタッフさんがいて、話をしながらお子さんを撮影します。

 

小さいお子さんはお母さんの膝の上に座った状態です。

 

 

ここで、お母さんにいろいろと質問されながら、お子さんがパシャパシャ写真を撮られるという状態です。

 

簡単な質問に答えていくだけなので、3分ほどで終了します。

 

 

Bグループ面接

 

グループ面接は、5〜6組一斉に行われます。

 

テアトルアカデミーのオーディションのグループ面接

 

このときも、お子さんと保護者1名で行います。

 

司会者のような進行役のスタッフさんがおり、一組ずつマイクを向けてお母さんにインタビューします。

 

このとき、お話をする親子にスポットライトが当たるので、舞台で注目されるようなシチュエーションが体験できるかと思います。

 

 

審査員は5〜6名おり、テアトルアカデミーの社員だけではなく、NHKの教育番組のお偉いさんや、ベビー・キッズ雑誌の担当者などもいることがあるようです。

 

NHKのお偉いさんの目に留まれば、何かこの先有利に働くこともあるかもしれませんね。

 

カメラやライトが向けられている中で、お子さんがどんな表情をしているのか見られています。

 

 

この面接は1組に与えられる時間は3〜5分程度です。

 

 

テアトルアカデミーのオーディションで聞かれる質問内容は?

 

オーディションで質問を受ける機会は、

 

  • カメラテスト時
  • グループ面接時

 

の2回になります。

 

実際にテアトルアカデミーの二次審査オーディションを受けた人が実際に受けた質問をご紹介しましょう。

 

お子さんについての質問

 

  • お子さんのお名前・月例
  • 歩けますか?
  • 人見知りはしますか?
  • どうすれば泣き止みますか?
  • お子さんの得意なこと・好きなことは?
  • 普段何をして遊びますか?
  • どんなことをするのが好きですか?
  • 最近できるようになったことはありますか?
  • どんなお子さんですか?

 

このすべてが聞かれるわけではないと思いますが、このようなお子さんについての質問は必ずあるようです。

 

良く見せようとせず、いつものお子さんの様子を話すようにするといいでしょう。

 

 

オーディションについて

 

  • オーディションの応募のきっかけは?
  • どうして受けたんですか?
  • このテアトルアカデミーのオーディションはどこで知ったんですか?

 

応募のきっかけを聞かれている人は多いようでした。

 

 

タレントの仕事について

 

  • 受かったらどんなことをしたいですか?
  • 子どもの伸ばしたい長所はどんなところですか?

 

言うはタダですので、「CMに出たい!」「教育番組のレギュラーになりたい」「映画の子役時代を演じたい」などアピールしてみてもいいでしょう。

 

 

お子さんのアピール

 

  • お子さんをアピールしてください♪
  • 〇〇ちゃんの可愛いところは?

 

アピールポイントを聞かれることはよくあるようです。

 

ご家族から見て、お子さんの可愛いところをしっかりとアピールしておきましょう。

 

 

少し大きいお子さんには

 

少しお話ができるくらいのお子さんの場合、

 

  • ぬいぐるみを受け取り、「ありがとう」と言って抱きしめてください
  • カメラに向かって手を振ってください

 

などの指示がある場合もあるようです。

 

テアトルアカデミーのオーディションの応募ページ

 

 

【小学生版】テアトルアカデミーオーディションの流れは?

 

小学校3年生以上のお子さんの二次審査のテアトルアカデミーのオーディションは、

 

  • 受付
  • リズムテスト
  • セリフテスト
  • 歌or質疑応答
  • 親が子供のアピール

 

の流れで行われ、所要時間はおよそ1時間〜2時間程度となります。

 

テアトルアカデミーのオーディションの実技面接

 

@受付

 

受付の際に、番号札が配られます。

 

1次審査通過時に配布されたエントリーシートの提出をするようにしてくださいね。

 

待合室で呼ばれるまでの時間を待ちます。

 

 

Aリズムテスト

 

カンタンなリズムテストがあるようです。

 

テストの前に、簡単なレクチャーがあり、少しだけ練習することができるようです。

 

ダンスというほどのものではなく、ボックスを踏んだり、誰でもできるようなリズムテストです。

 

特にダンスの経験がなくても問題なさそうです。

 

ダンスの経験がある方はここで差を見せられるということもあるかもしれません。

 

 

Bセリフテスト

 

ここでも、指示のあるセリフを言うテストがあります。

 

上手い、下手ということよりも、大きな声で一生懸命セリフを言うことができるかどうかの方が大事です。

 

小学生の時期は、吸収力が大きい時期なので、テアトルアカデミーのオーディションの段階ですごくうまくなくても、訓練でうまくなっていきますので、そこは気にせず、堂々と大きな声で頑張っている姿が見せられるといいですね。

 

セリフも長く難しいものは指示されませんので、安心してくださいね。

 

 

歌or質疑応答

 

歌をアカペラで歌うテストもありますが、これは強制ではありません。

 

歌える歌がある方は、歌いましょうというような指示があります。

 

時間はそんなに長い時間ではないので、好きな歌のサビを1フレーズ歌う程度で大丈夫です。

 

もし、歌わない場合は、審査員から質問をされます。

 

これからの意気込みを聞かれることが多いようですので、歌が苦手で歌わないというお子さんは、ここで差をつけられるように意気込みを伝えるようにしましょう。

 

 

親への質問

 

最後に、付き添いの保護者の方に、お子さんについての質問があります。

 

お子さんの長所を聞かれることが多いようです。

 

突然の質問に、慌てて、保護者の方が的を得ない回答をしてしまうケースが多いようですので、事前にお子さんの長所を簡潔に言う練習をしておくといいかもしれませんね。

 

 

テアトルアカデミーのオーディション(二次審査)に合格するためのポイント

 

テアトルアカデミーのオーディションでは、

 

  • カメラを向けられた時のお子さんの表情や様子
  • どんな状況でも堂々とできる度胸

 

なども見られています。

 

とはいえ、小さいお子さんですので、いつも通りの姿を見てもらえるのが一番です。

 

 

オーディションの際のお子さんの服装は?

 

特に決まりはありません。

 

ただ、せっかくのオーディションなので、汚れている服や部屋着などではなく、お子さんが一番かわいく見えるお洋服を選んであげましょう。

 

テアトルアカデミーのオーディションの子どもの服装

 

決して高い服でなくて大丈夫です。

 

お子さんに良く似合うチョイスをしてあげましょう。

 

 

オーディションの際の親御さんの服装は?

 

実際に、オーディションを受けた人の話によると、清楚なワンピースなどでキレイ目な格好の人もいれば、デニムのようなラフな格好の人もいるようです。

 

しかし、デニムで行ってしまった人の感想に、「場違いな格好で来てしまった」というお声もありました。

 

テアトルアカデミーのオーディションの親の服装

 

親御さんの服装も指定はありませんが、あまりに近場のコンビニに行くような恰好ではなく、お出かけ用の服がいいかもしれませんね。

 

しかし、待合室は、マットの上に座るような場面もありますので、動きやすくお子さんと接しやすい恰好がよさそうです。

 

 

服装よりも大事なことは?

 

もちろんみすぼらしい恰好より、カワイくみえる服装に越したことはありません。

 

しかし、それよりも大事なことは、

 

お子さんと親御さんとのいい関係性を伺わせる行動

 

もとても大事です。

 

 

アカデミー側としては、今後長く付き合っていくことになる存在を探しています。

 

あまりに非常識な行動が目立つ親子などは落選してしまう原因になってしまうことでしょう。

 

 

テアトルアカデミーは、芸能プロダクションの中でも歴史が長く、特に子役では芸能界への太いパイプがあります。

 

ここで小さいうちからレッスンを受けることで、未来の芦田愛菜ちゃんや鈴木福くんになれるチャンスがあります。

 

肩の力を抜いて、いつものお子さんの姿が見せられるようがんばってくださいね。

 

あなたのオーディションの合格を応援しています。

 

テアトルアカデミーのオーディションの応募ページ